HOME>特集>埋没法を受ける上で気をつけることとは一体何か

糸が透けることも

カウンセリングを受ける女性

広島にある美容整形外科では、二重整形を行っているところが少なくありません。二重整形で良く行われている方法に、糸で留めてラインを作る埋没法があります。埋没法では患者が希望するに二重まぶたに近づけることができます。例えば、ぱっちりした華やかな二重まぶたや、ナチュラルな二重まぶたなど様々です。メスを使わないため出血や腫れが少ない手術方法ですが、糸で留めるため必ず結び目ができてしまいます。特に肌が白い人は、血管が透けて見えるように、糸が透けることがあるといわれています。

小学生でもできますが意思確認が必要

二重整形の1つである埋没法の場合、手術台でじっとしていることができれば小学生からでも施術可能です。もちろん、広島にいる小学生でも二重まぶたにすることはできます。ただし、手術であるため、たとえ小学生でも本人の意思をしっかり確認する必要があります。

カウンセリングで意思確認をはっきり

二重整形術として埋没法はとても人気がある手術の1つです。何故なら、手術中に痛みを感じることはほとんどなく、腫れや出血を最小限にとどめることができるからです。施術翌日にはメイクも可能なので、日常生活における負担は最小限に抑えられます。また、糸を外せば別の形の二重まぶたを作ることも可能です。このため、広島でも埋没法で理想の二重まぶたにする人が多いです。ただし、理想の二重まぶたを手に入れるためには、施術間のカウンセリングで医師としっかり話し合うことが肝心です。

広告募集中